本文へ

燕商事株式会社 銀燕(GIN EN)

自社オリジナル商品

和の器『銀燕』

使いこむほどに増す美しさ

銀食器(Silverware)は古来から上流階級の象徴とされ、使用されてきました。
一般に広く使用されるようになったのは、紀元前200年頃のローマ帝国の頃からで、やがてアジアにも伝わるようになりました。ヨーロッパ人がアメリカ大陸へ渡ると、世界的に広がっていったそうです。
銀食器が普及した理由のひとつは、当時家督争いなどで暗殺に使用された毒薬に反応して変色するという性質があったためと言われています。

温故知新 ~継承される伝統技術~

「銀燕」ではそういった歴史的な伝統を継承しつつ、常に最高の技術によって生産されています。
精度、技術、完成度は他の銀食器とまったくひけをとりません。

日々ご使用頂く中で、いつしか何とも言えない輝きを放つようになるでしょう。
毎日使用する食器が放つ輝きは、一つ一つの丁寧な手作業の賜物なのです。

素晴らしい食器は、食卓の雰囲気を素晴らしいものに変えてくれます。
「銀燕」の食器が、皆様の食卓を華やかに彩ることと願っております。
  • ホテル、旅館、高級料亭などでご好評を頂いている銀の酒器です。

  • 鎚起銅器のおちょこです。高級料亭で『おちょこ』としてではなく、前菜の小鉢の器として使われた事もあります。

  • 鎚起のチロリです。取っ手部分にあけびの蔓を巻いて和の風情を出しました。

  • ホテル、旅館、高級料亭などでご好評を頂いている鎚起銅器の鍋です。

お問い合わせ

お見積り算出には実物か、実物が送れない場合は商品のサイズと商品の写真が必要です。

スマホアプリLINEからのご相談も受け付けております。修理品の写真をスマホで撮影、送信すれ診断もできようかと思います。

*商品サイズはだいたいの大きさ(高さ○○cm、長さ○○cm、幅○○cm・・・等)で大丈夫です。

お見積りをご希望の場合、製品の状態を詳しく確認しないとお見積り価格をご提示できません。
お手数ですが、製品自体を送って頂くか、もしくは修理希望の製品の写真を送って頂ければと思います。
写真を送る場合は、例えば、お皿の場合ならお皿の裏、表…と製品の全体が確認できるようお願いします。

※アルミ製品、鋳物製品は当社では修理をお受けできません。

LINEでお問い合わせ

スマホアプリLINEからのご相談も受け付けております。
修理品の写真をスマホで撮影して、そのまま弊社に送って頂ければ、だいたいの診断も できようかと思います。

お電話でお問い合わせ

tel. 0256-62-2529 fax. 0256-62-6541

燕商事 株式会社では、電話・FAXからのお問い合わせも受け付けております。
ご意見、ご要望や、銀器に関するご質問などお気軽にお問い合わせください。

メールでお問い合わせ

メールフォーム 写真添付で送れます

燕商事へのメールでのお問い合わせは、メールフォームより行ってください。
また、お送りいただいた個人情報の取り扱いに関しましてはこちらのページをご覧ください。